ライカでモノクロ(弐)

e0004009_01225811.jpg
★2011年7月14日撮影、伊良部島、LEICA X1、PCでRAW現像してモノクロ化
本日も蔵出し。
2011年は2010年より多少マシだったが母の入院費の支払で経済的に厳しい状況が続いていた。
それでも無理を承知で宮古島へ行った理由は、二度と行けなくなるかも、と云う思いだった。
どう足掻いても9月末で病院を退院せざるを得ない事が不可避だったが、頼みの老人ホームは30人待ち。
残された選択肢は会社を休職して自宅で母の介護をする事だった。
しかし、その状況が何年続くのかは判らない。
介護休暇が尽きれば退職せざるを得ないし、蓄えが尽きれば……
だからこそ、宮古島へ行こうと思った。
二度と行けなくなる前に、島の光景を目に焼付けようと思ったのだ。

幸いにして老人ホームに入居出来たから良かったが「首の皮一枚」と云うのが正直な感想だ(苦笑)


by photo_artisan | 2014-03-01 00:00 | 宮古島2011 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://artisan.exblog.jp/tb/21735573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ライカでモノクロ(参) ライカでモノクロ >>