ボランティアの写真家

「プロとアマの違い」と云うテーマの記事を読んで、自分なりに考えてみた。
が、言いたい事は他のブロガーが記述している事に気付いた。
これで終ると石礫を投げられる可能性が高いので(苦笑)自分自身の事を書いてみよう。

エキサイトのネームカードには「ボランティアの写真家」と自己紹介している。
写真が生業では無いので、その点では間違い無く「アマチュア」だが、写真を始めて間も無い頃
(AE-1+Pを買って3ヶ月程経過した頃か?)
知合いの人に「写真が趣味なんだ。ならば、手伝って欲しい事が有るんだけど」と言われた。
内容を聞くと「行事の流れに沿って記録としての写真を撮影して欲しい」との事。
何も知らないのに“二つ返事”で引受けた訳だが、コレが向いていたんだねぇ~、私には。
あれから二十数年の年月が経過したが、今でも年に数回は依頼された撮影を継続している。
でも「撮れませんでした」と云う台詞を口にする経験が無かった事が継続の最大の理由かもね(笑)
他に人が居ない訳では無いのだが、依頼する方は「作品」を望んでいる訳では無く、
初めて見る人でも行事の流れが判る「記録」を望んでいる事を理解出来ない人が多い。
私の場合、超が付く初心者だったので、変な「作風」に染まっていなかった事が幸いした訳だ。
でも、過酷でしたよ。
撮影場所は決められちゃうし、しかもベストポジションとは言い難いし、身動きは出来ないし、
写しちゃ駄目なモノはあるし、フィルムの本数も制限されているのでミスショットは出来ないし、
撮影が終ったら虚脱状態になる程の集中力を要求されるし。
(瞬きもせずにシャッターチャンスを待つ行為は、殆ど狙撃兵に近いモノが有ると自負している)
第一、行事の流れを撮る為に写真を始めた訳では無かったし。
しかも、本業が他に有る訳だから報酬は無く、フィルム等の消耗品を実費精算するだけ。
そんな訳で「ボランティアの写真家」と自称している(笑)

でもね、面白かったんですよ、「記録としての撮影」も。
だから、依頼されたら断らなかったし、今でも断らない。
しかし、この制約だらけの撮影で鍛えられたからこそ、今の写風が在る、と思う。
「無駄になる知識・経験は無い」と云う事か。
★リハーサル風景、GRD、CReCo済み
e0004009_061755.jpg

imageが心の琴線に触れたらランキングへ1クリック
「CReCo=CREative COntrol(クリコ)」とはプロ写真家横木安良夫さんとフォトブロガーhanaさんの造語
by photo_artisan | 2006-06-14 12:00 | 過去 | Comments(13)
Commented by sana_labo at 2006-06-14 08:19
いいお話、ありがとうございます。

プロか、アマか、ってちょっとにぎわっていますね。

でもそのお話の中で、「相手が喜んでくれる」という部分が欠落してるというか、希薄なのが、ちょっと気になるかなぁ。

私が舞台を撮って良かったと思う一番の理由は、彼ら、彼女たちの「ありがとう」という笑顔かもしれません。

映画と違って、自分たちの演技を、彼らは客観的に見ることができないし、その場、その場で消えてゆきますからね。
Commented by shinashina-x at 2006-06-14 09:34
作品ではない記録としての写真・・難しいですね。
私も嫁が学校のPTA広報なので、時々学校行事の撮影をします。
デジタルなんでとりあえず数でごまかしてますが、普段やらない状況での撮影が多くて苦労させられます・・・・。
Commented by 9K at 2006-06-14 09:44 x
なるほど。
立場代われば見方も意見も変わるのですね。
勉強になります。

ではプロ写真家とは何ぞや?
に関しても、フリーなのか社員なのか、
作家なのかカメラマンなのか、
スポーツか芸能か社会派なのか、コマーシャルなのか

立場によって全く違う職業なんですよね、これが。
「写真を撮って報酬を得る」という行為が同じでも
やってる事は全く違う訳ですよ、はい。

あ、全然結論になってませんねw
Commented by sana_labo at 2006-06-14 11:09
9kさんへ...そうなんですよね。
だから私が人を撮ってて行き詰まったとしても、物撮り専門のプロにアドバイスをと思っても、ちょっと違うかも知れないなと思う昨今です。

舞台を撮ると聞いて、「人を美しく撮るなら、後ろボケの美しいレンズを」と勧められたことがあります。

でも舞台装置は、大道具さんの芸術であり、命なんですね。
それをボカしてどうする!と思いました。
また演出家は、全体の配置を観たいし、雑誌に使う宣材写真は、主役級の俳優さんたちが真ん中に配置されていないといけない。
また役者さんたちは、自分たちが「大きく綺麗に」写っていたらそれでいい(笑)

などなど。
一言で「舞台写真」といっても
ケース・バイ・ケース。
現場でもクライアントさんがたくさんいて、それぞれの求める写真が必要になってきます。

あ、すいません。一人で語ってしまって...
ごめんなさい。
Commented by photomo018 at 2006-06-14 16:41
こんにちは。
プロアマで、色々なブログでコメントがありますね。
難しいんでよね。簡単に一言で片付けられません。
作家(アーティスト)とコマーシャルフォトでも違うし、
舞台写真というカテゴリーでもまた違いますよね。

記録としての写真も、素晴らしい仕事です。
制約が多くても、それはコマーシャルフォトでもあることですから。
photo_artisan はフォトグラファーですよ!
私も仕事によっては、ボランティアに近いギャランティの仕事もありましたよ。
Commented by yamada at 2006-06-14 17:05 x
先日ある方がけっこうこれに近い話をされました。
プロが仕事でやる・ということはコンプライアンスがあるというのが大きな違いだ、と。 (法令順守という狭義ではなくルールと言うような意味合い)

私としては、プロの最低条件は「何でも撮れる力」と思っています。
Commented by midorimagu at 2006-06-14 21:05
artisanさん こんばんわっ♪

いつも嬉しいコメントありがとうございます。

「プロとアマの違い」のお話はど素人なので難しいお話ですね。

記録写真って面白そうですね。
でも、依頼された写真はどうも、窮屈に思ってしまいます。
ここがアマなんでしょうね。

カメラ持って歩いていると、アンター! カメラマンってよく聞かれます。
で、自信持って はいー!そうです。って言います。(笑)
勿論、冗談として聴いているんでしょうがねっ。
そしたら、必ず、写真撮らせてくれます。
そして、いいお顔もしてくれます。
不思議なものですね。
プロとしてではなく、自信が安心するのかも知れませんね。
Commented by photo_artisan at 2006-06-15 00:12
★sana_laboさん
>「相手が喜んでくれる」という部分が
この部分を思い出させてくれて、多謝です。
本日分としてアップしました。
Commented by photo_artisan at 2006-06-15 00:13
★shinashinaさん
>作品ではない記録としての写真・・難しいですね。
同感です。
精神的肉体的疲労度は半端じゃ無いけど、良い修行だと思って続けて下さい(笑)
Commented by photo_artisan at 2006-06-15 00:13
★9Kさん
>立場によって全く違う職業なんですよね、これが。
写真同様に「答は一つだけでは無い」のかも知れませんね……
難しい質問に、お答え頂きありがとうございます。
Commented by photo_artisan at 2006-06-15 00:14
★“女盛り”のすずチャン
>photo_artisan はフォトグラファーですよ!
多謝&深謝、ですm(--)m
Commented by photo_artisan at 2006-06-15 00:15
★yamadaさん
>私としては、プロの最低条件は「何でも撮れる力」と思っています。
「何でも撮れる」と言い切れる事は、それだけの知識と経験を持っていると思います。
単にセンスが良いだけでは太刀打出来ない“財産”ですね。
Commented by photo_artisan at 2006-06-15 00:20
★midorimaguさん
人物写真は、相手の表情に撮影者が写ると思ってます。
相手が良い表情をしてくれると云う事は、撮影している貴女も良い表情をしているからでは無いでしょうか。
<< KDDI 本能寺の変 >>