横木安良夫写真集「あの日の彼、あの日の彼女」

横木安良夫さんは永年第一線で活躍する著名な写真家だ。
(カラー専用とモノクロ専用の二台GRDユーザでも有る)
例え名前を知らなくても、横木さんが撮影した広告を見た事の無い人は少ないと思う。
その横木さんが独立する迄の作品を纏めた「あの日の彼、あの日の彼女」teach your children 1967-1975
12月1日から渋谷パルコPart1 B1 ロゴスギャラリーで先行発売される。
(写真集に合せて写真展「Teach Your Children 1967-1975」もスタート)

しかし、出版に至る路は平坦では無いとの事。
横木さんのキャリアを多少なりとも知っていれば「本当か?」思う程だ。
詳細な経緯や事情は横木さんのブログに記述されている。

初日(12月1日)は午後半休を取得して大手町からロゴスギャラリーへ直行。
写真展会場で予約した写真集を受取り、12月4日のトークショーの整理券をGET。
(今年1月の写真展で見てから写真集として刊行される事を待っていた)
4日のトークショーはチョートクさんがゲストなので、今から楽しみだ(笑)
尚、一旦渋谷を離れるが夕刻迄には戻って18時からのオープニングに参加する予定。
下戸だが、この日は最低でも二次会迄は付いて行きたい。
(無かったりして……)

個人的な独断と偏見だが「団塊の世代」をターゲットに売れば良いと思えるのだが、如何だろう?


横木さんが始めた“Distance to the Horizon”
簡単な様で難しい……
★近所、GRD、CReCo済み
e0004009_0373150.jpg

★丸の内、GRD、CReCo済み
e0004009_08651.jpg

「CReCo=CREative COntrol(クリコ)」とはプロ写真家横木安良夫さんとフォトブロガーhanaさんの造語






この写真集は、1967年、昭和42年、18歳、僕が大学に入り写真を学びはじめてから、
アシスタントを経て独立した1975年(昭和50年)26歳までに撮った写真で構成されています。
この時代、日本は高度成長期、いわゆる団塊の世代の青春時代にあたるわけですが、
ビートルズ、学園紛争、モータリゼーション、万博、アンアン、ノンノンの創刊、歩行者天国、そしてオイルショック等々、
激動の時代でもありました。
遠い未来は今のように暗闇ではありませんでしたが、若い人間にとっては、やはり鬱屈した時代でもありました。
そんな時代に、ひとりの若い男がカメラを持って未知の世界と遭遇したときの写真です。


この写真群は、今年の春、東京と京都で、写真展として発表したものです。
写真集にすることをすすめられ、奔走してやっと出版できることになりました。
今の時代、アートの写真集は、とても出版が難しい時代です。そのため多くの方々のお力をお借りしました。
なかでも、ショートストーリーを、直木賞作家である 角田光代さんに書いてもらい、彼女のつけたタイトルから
この写真集のタイトルをいただいてしまいました。彼女の文章を、写真を見てから読むとじんときます。
そして、帯のコメントを、今一番のっている、リリー・フランキーさんにいただきました。
なんとも贅沢なことでしょう。

さて、写真集は、12月上旬発売になりますが、12月1日から写真展会場で先行発売いたします。

デジタル時代になって写真家は、今まで以上に発言をしていかなければならない時代になりました。
写真さえ撮っていればいい時代ではありません。価値が多様化し、写真家は写真家のことばが必要なのです。
不思議なことに、この数年、僕は多くの写真家の友人ができました。これまでだったら考えられないことです。
ようやく、日本でも、報道とか、グラビアとか、ファッションとか、コマーシャルとか、頭に冠がつかなくても、
多くの人たちに写真家は何をしているのか分ってもらえる時代になってきたのだと思います。

どうぞ、あまり見たことのない写真集だと思います。是非、ご覧ください。
by photo_artisan | 2006-11-28 12:00 | 東京写真 | Trackback(1) | Comments(16)
トラックバックURL : http://artisan.exblog.jp/tb/4632579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Clear Blue S.. at 2006-11-30 23:10
タイトル : 地平線からの声
横木安良夫写真集「あの日の彼、あの日の彼女」 PhotoArtisanさんのキャンペーンに呼応する(笑) できれば土曜日恵比寿に行く用事があるのでその合間に渋谷に行きたいと思うが、タイトかなあ~? 地平線より世界を捉える試みは何も今に始まった事ではなく、古くは東大安田講堂紛争時期にも鮮烈な写真が撮られている。 しかし、誰でもが地平線から世界を俯瞰する事に気付かせたのは、横木さんが提唱する「Distance To Horizon」だろう。 その延長に、個人の想いがほとば...... more
Commented by anise at 2006-11-28 00:56 x
はじめまして。
力強くも優しく、エネルギー溢れる写真、
いつも更新を楽しみに拝見させていただいていました。
写真を始めて1年程、知っている写真家はまだ数えるほどしかいないのですが、横木さんの写真はとても素敵なんですね。写真展も写真集も見てみたくなりました。
Commented by mugnum-yoda at 2006-11-28 13:05
凄い!俺好み200パーセント!
Commented by photo_artisan at 2006-11-29 00:10
★aniseさん
aniseさん、はじめまして。
コメント、ありがとうございます。
もしも、首都圏に御住いならば写真展に行く事を薦めます。
タイミングが合えば横木さんから作品に係る話を直接聴く事も可能ですし。
ざっくばらんな方なので、初対面でも大丈夫でしたよ(笑)
Commented by photo_artisan at 2006-11-29 00:13
★yodaさん
流石、ローアングルマニア(笑)
因みに“Distance to the Horizon”は地面にカメラを置いて撮影する感じです。
(応用編として海面ギリギリも有り、ですが)
唯、ナカナカ納得出来るImageが撮れなくて……
Commented by readymade_ayu at 2006-11-29 23:31
photo_artisanさん、もしかしてスーツ姿で撮影ですか。
この時のポーズを想像すると少し面白いです。

このビルとビルの間はよく通りますヨ~。
Commented by photo_artisan at 2006-11-30 00:16
★ayuさん
これ、週末に撮りました(笑)
流石にスーツではチョッチ拙いので(^_^;;
暗ければ、TRYしますが(笑)

>ビルとビル
間違い無く、何処かで擦違ってますね(笑)
Commented by yoshipass at 2006-11-30 07:50
おはようございます。
横木さんの写真集、特装版思わず予約していました(笑)
この時期上京できないので・・・
Commented by photo_artisan at 2006-12-01 00:13
★yoshiさん
横木さんのブログに写真集の印象をトラックバックしたら、喜ぶと思いますよ(笑)
Commented by midorimagu at 2006-12-02 01:01
必撮さん こんばんわっ♪

TBありがとうございます。

もの凄いアングルですね。
ゾクゾクっとしますわ。

yorikoも迫力に迫りたい~(笑)
Commented by photo_artisan at 2006-12-03 00:23
★yorikoさん
「地平線への距離」なので、本当は視界の開けた場所の方が良いのですが、
大都市には地平線が無いと云う事に気付いた次第です(笑)
Commented by 2m photographer at 2006-12-04 11:27 x
こんにちは 2m Photographer 小堀です。
突然ですが、12月7日(木) 東京へ日帰りで出掛けます。
私が行く場所は
午前は、新宿モリノスビル(一階アトリウム)で、ある写真コンテストの表彰式があり出席をします。
午後は、どこかで昼食を済ませて、せっかく東京まで行くのですから、当然ながら、適当にスナップ撮影をして
こようと思っていますが、どこか良い場所はありませんか? 田舎者なので東京の事は分かりません。(^^ゞ

その後、運良く、横木安良夫氏の写真展が開催されているので、渋谷ロゴスギャラリー行く予定です。
Commented by photo_artisan at 2006-12-05 00:12
★小堀さん
12月7日……有休の残り日数に余裕が有れば御一緒出来たのですが……
残念です。
>良い場所
渋谷自体、面白い街ですが……少々物騒なので恵比寿界隈は如何でしょう?
恵比寿ガーデンプレス以外の場所は、個人的に好きな街です。
秋葉原も面白い街ですが、渋谷と正反対ですから地理的に難しいですね。
Commented by 2m photographer at 2006-12-05 09:33 x
有休を一日だけ残しておいてもらえばよかったですね。またの機会に
何か機会があれば、是非ご一緒させて下さい。
恵比寿ってどこ? どうやって行くのか調べてみます。
行けると思いますが、帰りの最寄り駅が分からなくなったり・・・・
恵比寿界隈の通りで迷子になった時には捜索に来て下さいね。(笑)
Commented by photo_artisan at 2006-12-05 23:56
★小堀さん
恵比寿は澁谷の隣です。
方向としては南側、ですね。
Commented at 2006-12-06 00:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by photo_artisan at 2006-12-07 00:13
★鍵コメさん
こちらこそ、楽しみにしてます(笑)
<< 雨に想う 歪曲空間 >>