カテゴリ:撮影者( 92 )

初撮り

e0004009_00200052.jpg
※X-T2+VPB-XT2+Touit 1.8/32、RAWをカメラ内現像、フィルムシュミレーションACROS、PhotoshopCCでリサイズ
埼玉新都心のヨドバシに行ったのは初めて。
御目当はHARUKIさんに撮影して貰う事(笑)
で、何を買ったと言うとフジXマウントのプラナー32mm、ライカ判換算45mm相当の標準レンズ。
ライカ判換算52mm相当の35mmを持っているので迷ったが……
フジのレンズも良いけど、ツァイスはツァイスだから(笑)

HARUKIさん、お疲れ様でした!

※X-T2+VPB-XT2+Touit 2.8/50M、フィルムシュミレーションACROS、PhotoshopCCでリサイズ
先日、京都のヨドバシで買うか!と思ったが、鞄がパンパンだったので無理矢理諦めた(汗)
e0004009_00195134.jpg

by photo_artisan | 2017-01-04 00:20 | 撮影者 | Trackback | Comments(0)

ACROS(4)

e0004009_21522317.jpg
※銀座、X-T2+VPB-XT2+XF35mm F1.4、フィルムシュミレーションACROS、PhotoshopCCでリサイズ
写真家の横木安良夫さんの写真展が最終日だったのでキヤノンギャラリー銀座へ午後から行った。
(正確には鶴巻育子さんとの合同写真展でEOS M5特別企画展)
横木さんは写真家として尊敬しているが、御覧の通りダンディーで被写体としても魅力的だと思っている。
改めて見ると「撮られ慣れてるな」と感じる(笑)

実は品川だと勘違いしてしまったが繰上和美さんの写真展を堪能出来たので結果オーライ。
(繰上和美さんの写真展は1月16日迄)

※テキストは昨夜書いたけど、blogはメンテナンスだったので更新出来ず。

by photo_artisan | 2016-12-15 21:53 | 撮影者 | Trackback | Comments(0)

写真家の肖像

e0004009_23384462.jpg
※X100T、絞り開放、RAWをLRでモノクロ化
先週の土曜日に開催されたギャラリートーク会場で撮影したチョートクさん。
号外を片手に聴衆をアジっている様に見えなくも無い……かな?
余談だが、以前チョートクさんに「自分は京都にもハワイにも行った事が無い」と伝えたら
「日本人としては稀有な存在かもしれない」と言われたのだが守れそうも無いな(意味深)

話変わって。
時間に余裕が有ったのでアキバのヨドバシへ行くと店頭でHUAWEI P9のイベント。
興味が無い事も無かったのでモノクロモードで撮影すると……
ほぉ~~~~~、コレがモノクロ専用センサーの威力ですか、そうですか。
だが、最も印象的に残ったのは撮影する時のシャッター音だ。
合成音である事は重々承知の上だが、耳触りの良い音に思えた。
断捨離中なのだがデータ通信専用SIMで運用したい気分。

しかし、断捨離中にヨドバシへ行くのは逆効果だな。
数個のヘッドフォンを試聴したり、針が沢山有る腕時計をチェックしたりと危険が危ない危ない。

by photo_artisan | 2016-11-15 23:38 | 撮影者 | Trackback | Comments(0)

写真家の肖像

e0004009_030792.jpg

★D800E+TAMRON SP 45mm F/1.8 Di VC USD、RAWをLRでモノクロ化、絞りf2、VCはON。
MASHの伏見先生である。
先月、銀座のキヤノンギャラリーで撮影させて戴いた。
2月4日からキヤノンギャラリー仙台で「Old fashioned portrait.先達へのオマージュ」が始まる。
http://mashtokyo.exblog.jp/25322977/
髪の色、服の色、小道具の色……
カラーならば一目瞭然だがモノクロのポートレートは見る側の想像力を刺激する。
by photo_artisan | 2016-02-04 00:00 | 撮影者 | Trackback | Comments(0)

写真家の肖像

e0004009_2194327.jpg

★銀座、X-T1+XF16mm、絞り開放、RAWをLRでモノクロ化
土曜日は銀座でハービー・山口さんのトークショーを聴き、その後はライカのフルサイズコンパクトデジカメをタッチ。
流石はライカと云う操作感覚とレスポンスの良いAF、そしてAFとMFの切替えやマクロの切替えに思わずニヤリ。
でも、買わないよん(苦笑)

次は御茶ノ水のギャラリーバウハウスへ行く予定だが夕方からなので銀座を歩く事に。
「ルパン」の看板を撮影して更に東へ進むと歩行者天国。
その時、目の前を通り過ぎる初老の男性の風貌に見覚えが……
でも、確信が持てないので数メートル後方を歩きながらチェックする。
肩から提げているカメラはオリンパスのマイクロフォーサーズ。
ファッションのセンスや風貌は伏見先生だが、一ヶ所だけ記憶と合致しない。
それは「眼」だ。
獲物を狙う狩人の様な視線を前方に向けている。
人違いだったかな?と想いながらも視野の端で視ながら後を歩く。
(実質的には尾行だな)

結局、人違いだったら謝罪するつもりで数分後に声を掛けたら伏見先生だったのだが……

そして別れ際に撮影した写真がコレ。
鞄に入れていたX100Tで撮れば良かったのだが、手に持っていた16mm付X-T1で撮影。
by photo_artisan | 2015-06-23 00:00 | 撮影者 | Trackback | Comments(0)

大手門

e0004009_227108.jpg

★2014年1月撮影、皇居、Nikon D800E+AF-S NIKKOR 50mm f1.8G、RAWをモノクロ化
町名の由来、だと思う(笑)
アラームで目覚めたけど、気分が乗らなかったので二度寝して惰眠を貪る。
普段ならば下り電車の乗る時刻に人身事故が発生したので、結果論的に大正解だった訳だが。

話変って。
本日の「艦これ」ネタ。
と云っても、出撃しても新顔のドロップは無し。
「初心者の壁」と言われる2-4突破後は幸運に恵まれ過ぎた感が否めないので、その反動かも?
榛名が改造済みになり、日曜日中には霧島も改造可能なレベルに達すると期待。
by photo_artisan | 2014-03-16 00:00 | 撮影者 | Trackback | Comments(0)

写真家の貌

e0004009_02232291.jpg
※1枚目:GR、PCでRAWをモノクロ化
【トラックバック企画「ベストショット!」に参加】
珍しく人物写真だが言わずと知れたGRistでもある写真家の赤城耕一さんだ。
本日は赤城耕一さんが講師を勤める「写真家による写真家コレクション」に参加。
撮影の裏話等、1時間半が短く感じる濃い内容だった(笑)

赤城耕一さんと初めて会ったのは渋谷パルコで開催された横木安良夫さんの写真展の時だった。
その夜の酒席でも気さくな人柄と巧みな話術で愉しませて戴いた事を今でも憶えている。
直接会うのはそれ以来だと思うが、一度、デパートのカメラ市でニアミスした、かな?

e0004009_02005774.jpg
※2枚目:X-E2+XF35mmF1.4 R、ボディ内でRAWをモノクロ化してPCで微調整
XFレンズを選ぶ際に赤城さんが書かれた記事等も参考にしたので御会いしたら撮らせて戴こうと決めていた。
が、背景の処理等、実際に撮ると難しいんだよね。
それに「撮り上手は撮られ上手」にも助けられた感が強い(汗)

しかし、共に絞り開放なのだが……凄い解像度。

by photo_artisan | 2013-12-22 00:00 | 撮影者 | Trackback | Comments(0)

Scotts氏の肖像

e0004009_245796.jpg

★Scottさん、GXR+50mm、PCでモノクロ化
scottsさんの写真展「With the Wind」へ行った。
気が付けば1時間程ギャラリーに居たが、良い写真展は長居してしまう事を改めて実感。
Scottさんと一緒に写っている写真は、私がギャラリー内で一番気に入った写真だ。
他にも「最後の晩餐」を思わせる写真や秋の光をタンバールで撮影した写真も良かったが、彼女達の笑顔に魅せられた(笑)
特に左側の彼女は好みのタイプだな。
場所は新宿のヨドバシカメラ近くのINSTANCE。
14日(日)が最終日なので近場の方は是非!
by photo_artisan | 2013-04-14 00:00 | 撮影者 | Trackback | Comments(4)

街頭インタビュー

e0004009_10750.jpg

e0004009_059581.jpg

★銀座、GR DIGITAL IV、ポジフィルム調、1:リサイズのみ、2:モノクロ化
スナップも久々じゃないかな?
腕が鈍っていないか危惧してたが……杞憂だったな。

モノクロ化する前と後を並べるのは珍しい筈。
自分でも記憶に無いから(笑)
尚、街頭インタビューしているのは……有働アナウンサー、だと思ふ。
by photo_artisan | 2012-03-23 00:00 | 撮影者 | Trackback | Comments(0)

チョートクさんと一緒

e0004009_032691.jpg

e0004009_03563.jpg

e0004009_024938.jpg

共にPCでモノクロ化、1)のみトリミング、1)&2)GXR+VF-2+P10、3)GRD3
【トラックバック企画「2011」に参加】
チョートクさんと一緒に撮影行するなんて・・・10年振りかな?
2001年(2000年かも?)の夏に板橋区界隈を徒党を組んで撮影行して以来だ。
そんな訳で2011年を振返る際にチョイスしない訳にはいかない(笑)
でも、このGRblog撮影会の抽選を突破する為に一生分のくじ運を使果した事は確かだ。
若しかしたら「くじ運残高」がマイナスになっていて、その返済に四苦八苦する事になるのかも?

2001年だと銀塩カメラしか使っていない頃だ。
当時でも報道関係はデジタル一眼レフが主流になっていたが、簡単に買える価格では無かった。
しかし、同時多発テロで「戦死」した報道写真家が最後に写した写真が残ったのは
瓦礫で押し潰されたデジカメ内のCFカードからデータが出力出来たからだ。
「フィルムだったらパトローネが壊れて感光する状況でもデジカメならば撮影した画像を遺せる」
この事実の持つ重みはデジカメに対する認識・見方を変えた。
by photo_artisan | 2011-12-09 00:00 | 撮影者 | Trackback | Comments(2)