「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:機材( 237 )

1st Shot

e0004009_00321372.jpg
※新宿歌舞伎町、X100F、F-Simulation:ACROS+R、jpegをPhotoshopCCでリサイズ
X100Fでのファーストショットは某有名写真家も撮影した新宿歌舞伎町の風俗店。
決めていた訳では無いのだが、流れだね、流れ。
満足してるけど、X100T用のグリップとシューに装着するサムグリップは使えない。
サムグリップは使えない事も無いのだが、ボタンが干渉する感じなので付けていない。
多分、X100Tはテレコンを専用機として使うと思う。
X100F用のグリップが発売されたら買うと思うけど。
付けないと撮影出来ない訳では無いのだが少し重量を増やしたいんだよね。
適度な重さってカメラでは重要だと思うんだけどね……

by photo_artisan | 2017-02-26 00:32 | 機材 | Trackback | Comments(0)

スマホ用アクセサリー

e0004009_02101107.jpg
※X-T2+VPB-XT2+Touit 2.8/50M、RAWをPhotoshopCCでモノクロ化
Instagram専用機として使っているHUAWEI Mate9はスローシャッターで撮影する事も可能。
なので、三脚に装着するホルダーも買ったのだが出番が無い……
尚、背面に付けているアクセサリーはHUAWEI P9の販促デモで貰った物。
その時は迷いながらも買わなかったけど、二ヶ月程でMate9が発売されたので大正解だった訳だが(苦笑)
それから背面カバーは製品に同梱されていた物で、其の点は評価している。


by photo_artisan | 2017-02-15 02:10 | 機材 | Trackback | Comments(0)

X100系

e0004009_02065615.jpg
※2016年7月撮影、X100T、RAWをPhotoshopCCでモノクロ化
画像フォルダーをチェックしていたら此のimageを見付けた。
PhotoshopCCで調整したが絞り開放&最短撮影距離付近で撮影した薔薇の花。

X100系が好きな理由はレンズ先端から10センチ迄寄れる事と絞り開放時の残存収差だ。
Xマウントの23mmF2を持っていないがレンズ構成が異なるから描写も別物だと思う。
それにXマウントレンズはX100系程には寄れないし。

by photo_artisan | 2017-02-11 02:07 | 機材 | Trackback | Comments(0)

スマホのRAW

e0004009_01515711.jpg
e0004009_01514616.jpg
※HUAWEI Mate9、RAWをPhotoshopCCでモノクロ化
Instagram専用機として使っているHUAWEI Mate9はDNG形式でも記録が可能。
(モノクロ専用センサーではDNG形式では記録不可)
保存先は内部ストレージにRAWとJPEGを保存し、マイクロSDにはJPEGのみ保存される。
今のところ、保存先の変更は出来ない模様。

そんな訳でPhotoshopCCでモノクロ化してみたのだが……言われないと判らないかな?
参考迄にRAWをJPEGに変換したデータもup。
所詮はスマホのセンサーなので過度の期待は出来ないが、割りきって使う分には不満を感じない。

HUAWEI Mate9にはDMMモバイルのデータ通信専用SIMを使っている。
過去の経験から月間3GB有れば事足りるので料金は1ヶ月で千円未満。
尚、基本的にはWi-Fi運用してるので使いきれなかった通信量は翌月に繰り越せる。

iPhoneでもPhotoshop系のアプリをインストールすればRAWでも記録可能だと聞いたが試していない。

何年前かな、国内のスマホメーカーが「RAW撮影機能が必要か否か」とネットでアンケートした事があった。
当時の私は否定的な回答をしたのだが……事情が変わった、と言う事だな(苦笑)

by photo_artisan | 2017-02-07 01:52 | 機材 | Trackback | Comments(2)

interval「写真部門」

第一回プラチナブロガーコンテスト

e0004009_01551896.jpg
※X-T2+VPB-XT2+Touit 1.8/32、フィルムシュミレーションACROS、PhotoshopCCでリサイズのみ
先日導入したプラナー32mmだが……
EVFでもファインダーを覗いた瞬間から流石はツァイスレンズと言う感じかな。
普段、ピントのチェック以外の目的で等倍表示なんて無意味な事はしないのだがね。
それにjpeg撮って出し、それもモノクロで自分の思い通りのimageが決まるとは。
尤もX-T2の設定を変えた結果だけどね。
カメラ内現像は設定変更の結果をチェックするのに便利な機能だから活用しないユーザーは居ないだろうが。

でも、例え営業トークだとしても某写真家の様にRAWから仕上げる事に否定的な意見は持たない。
(昔は良い写真を撮っていたけど最近はパワポのオペレーターになったみたいなのでファンを卒業した)

明日からは尾道を続けます、多分。

by photo_artisan | 2017-01-07 01:56 | 機材 | Trackback | Comments(0)

ライカ購入

e0004009_23464525.jpg
※横須賀、HUAWEI Mate 9、PhotoshopCCでリサイズのみ
初のSIMフリースマホ。
個人的にはネットに繋がるデジカメとして買った。
同時に、今買える唯一のライカと言う事も否定出来ないのだが……
専らモノクロ専用センサーで撮影しているが、試しに(笑)カラーでも撮影してみた。
ら、御覧の通り。
以前使っていた某国産メーカーのスマホに搭載されたデジカメよりも画質は上だな。
UIも使い易いし満足している。
メインのスマホはiPhoneなので、アプリもインスタグラム以外はグーグルの基本的なアプリだけインストールした。
SIMカードはデータ通信専用タイプにし、更にWi-Fi運用なので月々の経費は抑えていく。
形骸化しているが断捨離中なので……(汗)

by photo_artisan | 2016-12-22 23:47 | 機材 | Trackback | Comments(0)

高倍率ズーム

e0004009_22070743.jpg
※日本橋、X-T2+VPB-XT2+XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR、RAWをPhotoshopCCでモノクロ化
ライカ判換算28~200mm相当の高倍率ズーム。
写真が堕落すると言われる高倍率ズームだが有ると便利(汗)
個人的にはXFレンズ初のズームだったりする。
f2.8の標準と望遠のズームは流石に買えなかった。
と言うか、揃えるとボディをもう1台買いたくなって危険が危ない。
古いタイプなので「ボディが2台無いと戦場で困る」と言う大義名分が潜在意識に刷込まれている。

それにしても広角側での撮影なのだが……歪曲収差が少ない。

by photo_artisan | 2016-12-21 22:07 | 機材 | Trackback | Comments(0)

ACROS(2)

e0004009_00021312.jpg
※神楽坂、X-T2+VPB-XT2+XF35mm F1.4、フィルムシュミレーションACROS、PhotoshopCCでトリミング
この設定がBESTだとは思わないので暫くは撮影しながら微調整と言う感じかな。
試行錯誤は続く……

しかし、神楽坂で此の名前を見るとは思わなかったな……
軽い不意打ちだった(苦笑)

by photo_artisan | 2016-12-09 00:02 | 機材 | Trackback | Comments(0)

ACROS

e0004009_00054720.jpg
※秋葉原、X-T2+VPB-XT2+XF35mm F1.4、フィルムシュミレーションACROS、PhotoshopCCでリサイズのみ
カメラの設定を自分なりに変更して撮影。
黒の締りが良い感じだ。
明るい場所は違う設定にした方が良さげかな?
その辺の試行錯誤も面白いと思うのだが、世の中には安易にアドバイスを求める人もいる。
デジカメだと試行錯誤も銀塩とは比較にならないと思うのだが……

しかし、X-T2のレスポンスは良好だ。
この場面もADトラックが動き出す寸前だったので咄嗟に撮影したのだが……

by photo_artisan | 2016-12-08 00:06 | 機材 | Trackback | Comments(0)

テスト

e0004009_00071790.jpg
※中央区、X-T2+VPB-XT2+XF35mm F1.4、RAWをPhotoshopCCでモノクロ化
期待のフィルムシュミレーションACROSは試行錯誤中。
少しでも気を抜くと手ブレするので要注意だな。
縦位置パワーブースターグリップはX-T2の性能をフル活用するアクセサリーなので迷わず購入。
安定感も増すので導入して良かったと思う。
少ししか使ってないが総ての点でX-T1とは別物。
安い買い物では無いが迷っている人は背中を押して進ぜよう(笑)

この24メガセンサーを搭載したX100T後継機種(仮称:X100F)を是非出して欲しいね。
出来れば価格は据え置きで(汗)

by photo_artisan | 2016-12-07 00:07 | 機材 | Trackback | Comments(0)