カテゴリ:audio( 45 )

自分に御褒美

e0004009_2194195.jpg

★GR、マクロ、、47mm相当にクロップ、内蔵ストロボ発光、PCでRAWをモノクロ化
「今年も頑張った自分へ」と云う事でB&W P7を購入。
実は一年前に購入する予定だったのだが、諸般の事情で買えなかった。
今年も迷ったのだが、B&Wのヘッドフォンが聴かせてくれる音が好きなので。

今日は冬至。
今週の金曜日は仕事納めだし、2014年も残り一週間少々。
年末年始の連休は、普段出来ない事をしたいな。
[PR]
by photo_artisan | 2014-12-22 00:00 | audio

真空管アンプと木製ハウジングのヘッドフォン

e0004009_015739.jpg

★GR、クロップON(47mm相当)、マクロ、内蔵ストロボ発光、PCでモノクロ化
真空管を使ったアンプだが、基本的なスペックはSONYのPHA-1と大差無い。
(聴かせる音楽の傾向は異なるが)
従って解像度は高く、聴き慣れている筈の楽曲でも初めて気付く音がある。
が、少なくとも私が愛用しているヘッドフォンでは相性の良し悪しがある。
其の中でも一番相性が良いのはATH-ESW11LTDだと思う。
実は試していないヘッドフォンもあるので「思う」と云う表現なのだが(汗)
とっかえひっかえ聴き較べをすれば済むのだが……聴き始めると音楽の世界に浸ってしまう。
特にKalafina「5th Anniversary LIVE SELECTION 2009-2012」等のライブ音源を聴くと時間の経過を忘れてしまう。
ライブ会場のステージに近い場所で聴いている様な臨場感が良いね。

流石に青い円盤を再生すると迫力に欠けるので、音楽専用と割切る必要があると思うが(汗)
[PR]
by photo_artisan | 2013-10-18 00:00 | audio

嵐の夜には音楽を

e0004009_010297.jpg

★GR、マクロ、ハイコントラスト白黒、ストロボ発光、PCで微調整
定時に退社して足早に駅に向ったので、普段よりも一本早い電車に乗れたが……
土砂降りの中を自転車で疾走したので全身ずぶ濡れ。
気象情報をチェックすると速度が早くなっているので期待したより(汗)天候の回復が早いかも?
取敢えず、朝は普段通りに起きる事にしよう。

目新しい情報も無いし、嵐の夜には音楽、例えばKalafinaやヨーヨー・マが良いな。

GO-DAP TTは真空管を使用したポータブルヘッドフォンアンプだ。
iPhoneやiPodと繋げるとDAC機能が働くのでロスレスフォーマットの真価を知る事が可能だ。
そしてPCと接続すればUSB-DACとしても使える。
個性的な存在なのでヘッドフォンとの相性が合わないと「何だ、こりゃ?」と思う人も少なく無いと思う。
だから、可能ならば愛用のヘッドフォンで試聴しないと高い買い物で終ってしまう可能性が高い。
私の場合だとATH-ESW11LTDとの相性が抜群だ。
が、UE900やATH-CKW1000ANVとの相性は……
特にATH-CKW1000ANVはボーカルのサ行が微妙に刺さる感じが残念だ。
ジャズやオーケストラ等は良いので、個性が強調されるのかもしれない。
其処で思い付いたのがB&W P5だ。
このヘッドフォンはiOSデバイスとの相性が良好な反面、GO-DAP Unit4.0やPHA-1との相性がイマイチだった。
しかし、真空管を使ったGO-DAP TTならば、と期待しつつ繋げてみるとビンゴ!
ATH-ESW11LTDとは一味違った音を聴かせてくれる。
何と云うか、B&W P5はスピーカーで聴いている様な感じが好きなんだな。
B&Wがスピーカーのメーカーだから当然なのかもしれないけどね。
そこで気になるのがB&W P7だ。
でも、買換える物を優先させるので冬の慰労金次第、と云う事になるのかな?

余談だが、B&W P5を黒髪の女性が使うと洒落た髪飾りをしている様な錯覚に陥る。
黒髪とP5の革の部分が融合して金属パーツが浮上るからなのだが、黒髪限定なので悪しからず(笑)
[PR]
by photo_artisan | 2013-10-16 00:00 | audio

UE900+Re:Cable SR2(弐)

e0004009_2391236.jpg

★GR、マクロ、内蔵ストロボ発光、RAW現像
UE900+Re:Cable SR2をPHA-1に繋げるとUnit4.0よりもコントラストが強調される。
Unit4.0がナチュラルな感じだから余計に相違を感じるのかも。
但し、PHA-1にL字プラグを差込むと予想以上に抵抗を感じた。
Unit4.0やiPhoneでは感じた事が無い程の抵抗で、若しかしたら私のPHA-1だけの現象かも。
値段を考えるとトラブッた時が怖いので、延長ケーブルを使っている。

余談だが、UE900+Re:Cable SR2をiPhone5に差込んでみたら意外とイケル感じ。
Unit4.0がバッテリー切れした際はDAP直挿しで代用可能かも。
[PR]
by photo_artisan | 2013-07-05 00:00 | audio

UE900+Re:Cable SR2

e0004009_2163785.jpg

★GR、マクロ、内蔵ストロボ発光、RAW現像
Westone 4R、SHURE SE535LTD-J、UE900。
可能な限り試聴を繰返した結果、自分が一番音楽を楽しめるのはUE900だと感じたので決めた。
レンズ同様に上を見ればキリが無いがね(苦笑)
解像度は極めて高く、幾度と無く聴いた楽曲も「こんな音が有ったとは」と気付く事が多い。
なのに長時間のリスニングでも聴き疲れる事はない。
同封されているコンプライは試していないが遮音性も高いので音量を控え目にしても特に問題は無い。
慣らしには100時間程必要らしいので充分とは言えないが、それでも真価の片鱗は感じられる。

詳しい方が見れば「ケーブルの色が純正の黒でも青でもない」と気付かれるだろう。
純正のケーブルも悪くは無いのだが、この純銀ケーブルに交換すると戻れなくなる。
低音域から高音域まで芳醇な音楽を聴かせてくれるので、高価だが其れだけの価値は有ると思う。
個人的な独断と偏見だが、このセットで聴くKalafinaライブ盤は時間の経過も忘れてしまう程だった。
結果的に睡眠時間を犠牲に(以下、自粛)

尚、撮影の為にケーブルをUnit4.0に巻いたのであって、普段は外してポーチに入れている。
不注意で断線させたら泣くに泣けないからな(汗)

余談だが、GRのマクロモードはレンズ先端10センチ迄寄れるので内蔵ストロボも辛うじてケラレない。
[PR]
by photo_artisan | 2013-07-02 00:00 | audio

Flat4-粋(SUI)雑感

e0004009_1332286.jpg

★GXR+50mm、PCでモノクロ化
Flat4-粋(SUI)を買って一年経過。
GO-DAP Unit4.0と組合せると場所やジャンルを問わずに音楽の世界に没頭させてくれる。
少なくとも自分が好んで聴く楽曲に関して不満は感じない。
コードが柔かいのが気懸りだったが、一年間使っても断線していない。
尚、イヤーピースはワックスガード付きのコンプライのTx200を常用している。

御存知の通り「粋」以降、限定生産の「楓」と「粋」の改良型「玄」も製品化された。
が「粋」に満足しているので「玄」を買う気は無い。
「楓」は価格が少々高過ぎて、仮に買える余裕が有るならばHD700を選ぶ(苦笑)
[PR]
by photo_artisan | 2013-06-11 00:00 | audio

雑誌の付録(参)

e0004009_1114431.jpg

★GXR+50mm、PCでモノクロ化
DigiFiの付録にaudio-technicaのATH-AD1000PRMを繋げてみる。
普段はSONYのPHA-1をUSB-DACとして使っているが単純に比較する事は難しい。
が、昨日も書いたが長時間のリスニングも苦にはならない。
オープン型のATH-AD1000PRMだから尚更か。
流石にBru-rayを再生すると音の拡がりが及ばないかな。
でも「及んでしまう」とPHA-1の立場が無くなってしまうけどね(苦笑)

USB-DACの場合、高音質USBケーブルと言われる物を使った方が効果的だ。
私はMac Audio2013オリジナルのケーブルを使っている。
要するに雑誌の付録(笑)
両方買っても伍千参百円だからコスパは良い。
PCオーディオ入門用としては良い選択だと思う。
余談だが、私のPCオーディオ入門費用は弐萬数千円だった。
[PR]
by photo_artisan | 2013-06-05 00:00 | audio

雑誌の付録(弐)

e0004009_1282196.jpg

★GXR+50mm、PCでモノクロ化
DigiFiの付録にaudio-technicaのATH-ESW11LTDを繋げてみる。
Kalafina、KOKIA、EGOIST、種田梨沙等等、女性ヴォーカルは艶っぽくて良い感じだ。
慣らしの途中だと思うが、自己主張はせずにヘッドフォンの個性を活かす設定、かな。
少なくとも聴き疲れとは無縁で長時間のリスニングも苦にはならない。

それと、MDR-Z1000との相性は良くないかもね。
少なくとも相性と云う点ではATH-ESW11LTDの方が良いと思う。
[PR]
by photo_artisan | 2013-06-04 00:00 | audio

雑誌の付録

e0004009_0114633.jpg

★GXR+50mm、PCで微調整
最近は付録を付けた雑誌も珍しく無い。
付録と雑誌、どちらが主役か判らないし、実にビミョ~な付録も珍しく無い。
が、時々、付録目当で買ってしまう。
今回の付録はUSB-DAC機能付ヘッドフォンアンプ。
御覧の通り、回路剥き出しだが意外と侮れない。
burn inが進めば付録とは思えない性能を発揮してくれる気がする。
尤も、USBケーブルが無いとPCに接続出来ないのだが。
私は別の雑誌の付録だったケーブルを使っているが、此れも付録とは思えない(苦笑)

SONYのモニターヘッドフォンMDR-Z1000での印象だが、入門用としては充分以上の性能で、
既にUSB-DACを導入しているユーザーもそれなりに楽しめる気がする。
[PR]
by photo_artisan | 2013-06-03 00:00 | audio

HA-FX700再評価

e0004009_235136.jpg

★GXR+VF-2+50mm、PCでモノクロ化
Flat4-粋(SUI)に駆逐されたビクターのHA-FX700だがPHA-1導入と同時に現役復帰。
以前はiPodやウォークマンに直差しで利用して満足していたのだがFlat4-粋に較べると音場は勿論の事、
解像度もコントラストも物足りなかったが、DACも大きな要因だろうがアンプで此処まで印象が変わるとはね。
元々HA-FX700はB&W P5と傾向が似ていたが、PHA-1やGO-DAPを使うと更に接近する感じ。
長時間の使用でも聴き疲れる事は無いし、リラックスしながらのリスニングには最適。
確かにPHA-1やGO-DAPは嵩張るけど、手放せない。
[PR]
by photo_artisan | 2013-03-06 00:00 | audio