「ほっ」と。キャンペーン

タグ:モノクロ写真 ( 1077 ) タグの人気記事

古都の招き猫(写真部門)

第一回プラチナブロガーコンテスト

e0004009_00064907.jpg
e0004009_00064310.jpg
e0004009_00063764.jpg
※X-T2+VPB-XT2+XF35mm F1.4 R、RAWをPhotoshopCCでモノクロ化
地図アプリに導かれて祇園へ向かいながら、優良物件の存在に気付けば撮影。
しかし、昨日もupしたが京都の招き猫は個性的だ。
否、此の招き猫を個性的と言うのは控え目だな。
流石は京都である、撮りながら「コイツ、憑いてるぞ」と思ったのが正直な印象(汗)
因みに場所は判らん。
スマホで撮れば位置も記録出来たのだが、何故かHUAWEIのスマホをポケットから出さなかった。
若しかしたら、時空の裂け目を垣間見たのかも……冗談だ。

余談だが……
ライカM10が発表されたが個人的にはフジのX100F発表の方が大ニュース。
何故ならば、ライカM10は手が届かない「高値の花」だがX100Fには手が届く、かな?(苦笑)

by photo_artisan | 2017-01-20 00:07 | 光景 | Trackback | Comments(0)

鉄の鯨(写真部門)

第一回プラチナブロガーコンテスト

e0004009_02283787.jpg
※呉、X-T2+VPB-XT2+XF16mm F1.4 R、PhotoshopCCでモノクロ化
TOKIOのバラエティ番組「鉄腕DASH」の「ソーラーカーで日本一周」と言う企画が好きだった。
そしてソーラーカーが呉に到着した時、市街地の真ん中に巨大な潜水艦が鎮座している光景を今でも憶えている。
それだけ印象的な光景だった訳だが、若しかしたら私と同様に憶えている人が居るかな?
前日の尾道とは一転して呉は雨模様だったが此の光景を実際に見て撮影する事が出来て嬉しかった(笑)

因みに撮影したのは大和ミュージアムから。
展望台と言う訳では無いのだが、絶好の撮影場所が用意されていた。

by photo_artisan | 2017-01-13 02:28 | 白黒 | Trackback | Comments(0)

尾道の黄昏(写真部門)

第一回プラチナブロガーコンテスト

e0004009_02310507.jpg
e0004009_02305764.jpg
e0004009_02305072.jpg
※尾道、X-T2+VPB-XT2+XF16mm F1.4 R、RAWをPhotoshopCCでモノクロ化
向島から戻って洒落たカフェも有ったけど友人と二人缶コーヒーを飲みながら暫し休憩。
その後に少し埠頭を撮影したimageで尾道を閉めたいと思う。

尾道は広島県在住の友人に案内して戴いた。
ネットで繋がっているので数年ぶりの再会に思えたのだが、2001年以来、十数年ぶりの再会だった。
多分、自分一人では向島へ渡る事は無かったと思う。
昼食も奢って戴いたし、新幹線の駅まで送って貰ったし、本当に感謝している。
実は福山に到着した夜に美味い懐石料理も御馳走して戴いて、此の恩を返せるかのか自信が無い程だ。
写真を通じて知り合った友人には本当に恵まれていると思う。
こう言う良い縁は本当に大切にしたい。

by photo_artisan | 2017-01-12 02:31 | 白黒 | Trackback | Comments(0)

正確にはフェリー(写真部門)

第一回プラチナブロガーコンテスト

e0004009_02115275.jpg
e0004009_02114620.jpg
e0004009_02114024.jpg
※尾道、X-T2+VPB-XT2+XF16mm F1.4 R、RAWをPhotoshopCCでモノクロ化
連絡船と書いたが車両も運べるので正確にはフェリーだな。
時刻表ではなく、乗客や車両を降ろして新たに乗客等を乗せたら即座に出港する、ピストン輸送と言う感じ。
始発と最終の時間だけ決めている感じだったかな。
(記憶にございません)
料金は船会社、正確には乗り場の位置で変わるようだ。
行きの料金は80円だったが、帰りは別のフェリーを利用して料金は100円。
短時間だったけど楽しい船旅だった(笑)

話変わって。
成人の日は充実したけど反省すべき点も有ったかな。
ネパールからの留学生が貸衣装と思しき振り袖を着てたけど、控え目な色とデザインがエキゾチックな風貌と似合っていたのが印象的。
写真を見せられないのが残念だけど、本当に嬉しそうな笑顔を写させて貰った。
そんな訳で昨日は休んだが、昨年暮れの「大人の遠足」は続きます。
尾道は明日で終り、次は呉、そしてメインの京都編と続く予定。

by photo_artisan | 2017-01-11 02:12 | 白黒 | Trackback | Comments(0)

連絡船乗場(写真部門)

第一回プラチナブロガーコンテスト

e0004009_00555356.jpg
e0004009_00554921.jpg
※尾道、X-T2+VPB-XT2+XF16mm F1.4 R、RAWをPhotoshopCCでモノクロ化
此の日は本当に天気が良くて、瀬戸内海も穏や。
そんな訳で対岸の向島へ渡る事に。
陽が傾いてきたので連絡船で往復するだけだが、どんなに短くても船旅は楽しい。
連絡船に乗るなんて宮古島と伊良部島を結ぶ連絡船以来なので気分は上々(笑)

話変わって。
冬の嵐襲来と言うと、4年前の雪の成人式を思い出さずにはいられない。
横浜での成人式の撮影を終えて外に出たら既に一面の銀世界。
更に埼玉県北東部の自宅に辿り着く迄に4時間半掛ったし(汗)
寒さに弱い私には悪夢のような体験だった。

by photo_artisan | 2017-01-09 00:57 | 白黒 | Trackback | Comments(0)

interval「写真部門」

第一回プラチナブロガーコンテスト

e0004009_01551896.jpg
※X-T2+VPB-XT2+Touit 1.8/32、フィルムシュミレーションACROS、PhotoshopCCでリサイズのみ
先日導入したプラナー32mmだが……
EVFでもファインダーを覗いた瞬間から流石はツァイスレンズと言う感じかな。
普段、ピントのチェック以外の目的で等倍表示なんて無意味な事はしないのだがね。
それにjpeg撮って出し、それもモノクロで自分の思い通りのimageが決まるとは。
尤もX-T2の設定を変えた結果だけどね。
カメラ内現像は設定変更の結果をチェックするのに便利な機能だから活用しないユーザーは居ないだろうが。

でも、例え営業トークだとしても某写真家の様にRAWから仕上げる事に否定的な意見は持たない。
(昔は良い写真を撮っていたけど最近はパワポのオペレーターになったみたいなのでファンを卒業した)

明日からは尾道を続けます、多分。

by photo_artisan | 2017-01-07 01:56 | 機材 | Trackback | Comments(0)

鉄塔

e0004009_00130206.jpg
※X100T、RAWをLRでモノクロ化
珍しくもないのだが鉄塔は好きなモチーフだ。
此処は自宅から比較的近いので気が向いたら撮影している。
自転車で移動してるので機材は軽いX100Tの出番が多いかな。
でも、少し窮屈な感じは否めない……
GRは行方不明だし、X100T用のワイコンを買うか……
でも、X100Fの登場も近いみたいだから悩ましいな。

by photo_artisan | 2016-09-26 00:13 | 御近所写真 | Trackback | Comments(0)

e0004009_01125532.jpg
※2015年7月18日撮影、伊良部島、X-E2+XF16mm、RAWをLRでモノクロ化
舗装されていない、土の道と遭遇すると昭和世代の自分は懐かしい気持ちに充たされる。

島の中を自転車でポタリングしながら目に留まった光景を撮影する。
と、言うのが宮古島&伊良部島での基本的な過し方、と自分では思っている。
車での移動だと見落としてしまうので、自転車での移動が楽しい(笑)

by photo_artisan | 2016-09-25 01:13 | 宮古島2015 | Trackback | Comments(0)

海の近くへ

e0004009_23270693.jpg
※2015年7月14日撮影、宮古島、X-E2+XF16mm、RAWをLRでモノクロ化
実は引越を考えているのだが、海の無い埼玉に永く住んでいたので次は海の近くが良いかな。
と、思っている今日この頃。
確定では無いのだがね(笑)

勿論、宮古島移住、と言う考えも無くは無いのだが、墓を守る義務も有るし……
因みに当家の墓は横浜市内にあり、今現在は親父と父方の祖父母が眠ってる。

by photo_artisan | 2016-09-23 23:27 | 宮古島2015 | Trackback | Comments(0)

夏の空に想う

e0004009_22244616.jpg
※2015年7月16日撮影、伊良部島、X-E2+XF16mm、RAWをLRでモノクロ化
7月と10月の宮古島は知っているが、冬の宮古島は知らない。
どんな光景なのだろうか?
季節風が強いのかな?
海は冷たいのかな?
でも、実際に行って、見て、感じて、撮影しないと判らんな(笑)

by photo_artisan | 2016-09-22 22:25 | 宮古島2015 | Trackback | Comments(0)