人気ブログランキング |

KODAK Ektar47mmF2

ブログ一周年記念として“幻の銘玉”KODAK Ektar47mmで撮影したImageをUP。
このレンズの存在を知ったのは“恩人”田中長徳さんの著作だ。
(「くさってもライカ」だったかな?)
私がアンティークレンズの底無し沼に脚を踏み入れた「最初の一歩」と言えるレンズだ(苦笑)
同時に自分が撮影した写真をネットにアップする切っ掛けとも云える、思い出深いレンズだ。
当時、ネットデビューした直後で専ら御徒町に有る喜久屋カメラの掲示板等に出入りしていた。
そこで“師匠”と呼ぶべき人にエクター47mmを精進した事を伝えたら、撮影した画像を見たいとの要望。
早速、メールに添付して送信したら、何と喜久屋の掲示板にアップされているでは無いか!
でもね、嬉しかったんだよね、自分の写真がネットで公開された事が。
もし、この一件が無かったら、今現在ネットで写真を公開しているか判らない。
余談だが、感謝の意味を込めて師匠のブログを勝手に紹介しよう(笑)
因みにライカデジタルモジュールRのユーザだ。

そのEktar47mmも今現在は手許に無く、今回アップした画像も以前「銘玉ギャラリー」で公開したデータだ。
(コレクターでは無いので、基本的に使わなくなった機材は市場へ還元する)
会社に有ったフラッドヘッドスキャナーを使い(苦笑)サービスサイズのプリントをデータ化。
リサイズ以外のレタッチは施していないと思って欲しい。
(単に知らなかっただけだが)
ライカネジマウントだがMLアダプターを介してライカM6に装着し、主に絞り開放で撮影した。

このEktar47mmは1946~47年に製造されたレンズで、前玉に多くの擦傷が在ったが、それでも、この描写だ。
一番驚いたのは「絞り開放で撮影した筈なのに」と頭を傾げた程、コマ収差が目立たなかった事。
「レンズ設計・製造技術の進歩って何?」
アンティークなレンズの実力を知悉した方ならば、私の想いが理解出来ると思う。
尚、ライカマウントEktar47mmはレアで高価だが、レチナに搭載されているモデルも少数だが有る。
若しかしたら、そちらの方が入手し易いかも知れない。
尚、"made in USA"では無い物はEktarと銘打たれても単なるコピーなので要注意。
e0004009_024226.jpg

e0004009_031415.jpg

e0004009_034492.jpg

e0004009_042348.jpg

e0004009_05367.jpg

ランキングへの応援を御願します

セコニック「スタジオデラックスIII L-398A」
セレン光電池のタイプは良く使ったなぁ~
3型はアモルファス光電池を使ったタイプ。
露出計の無い寫眞機を愛用の方に御奨め(笑)

しかし、コレがシャッター速度1秒の画像か?
しかも望遠側にズームしたんだぜ……
手ブレ防止機構、恐るべしっ!
★リサイズのみ
e0004009_054553.jpg

by photo_artisan | 2006-07-01 00:00 | 過去
<< 御礼 旅の準備 >>