人気ブログランキング |

<   2011年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

島猫

e0004009_0397.jpg

e0004009_03069.jpg

★宮古島、D300+VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED、リサイズのみ
初日と二日目に遭遇した島の猫。
慌てて撮ったので顔にピントが来てないけど、表情が棄て難い(汗)
二日目に遭遇した猫も私を値踏みするかの様な表情が野性を感じさせる。

しかし、共に19時近くに撮影したのだが瞳孔が細い。
猫の瞳孔で時刻が判ると思っていたが、宮古島では該当しないのだろうか?
by photo_artisan | 2011-07-31 00:00 | 宮古島2011

坂道

e0004009_010278.jpg

e0004009_0101466.jpg

e0004009_010544.jpg

★2011年7月11日撮影、宮古島、LEICA X1、PCでモノクロ化
港から繁華街(あくまでも宮古島での話だ)へ向う細い坂道。
行く度に撮影しているが不思議と飽きない。
多分、島の日常が見える路地裏だから、だと思う。

不審者を眺めている猫は少し失敗してるが、気にしない気にしない(汗)
by photo_artisan | 2011-07-30 00:00 | 宮古島2011

絶景

e0004009_024486.jpg

e0004009_02333.jpg

★2011年7月14日撮影、伊良部島、1:GXR+VF-2+50mm、2:D300+VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED
撮る側からは何も言う事は無い。
高台から眺める伊良部の海は・・・御覧の通り(笑)

2枚目は600mm相当の望遠で捉えた、息継ぎの為に浮上した海亀。
尚、竜宮城へ連れて行ってくれるかは不明。
試したい方は自己責任で、ど~ぞ(汗)
この場所からは海中を泳ぐイトマキエイも捉えたのだが・・・静止画では良く判らんのでupしなかった。
移動している様子が判るので、動画向きの被写体だと思う。
by photo_artisan | 2011-07-29 00:00 | 宮古島2011

渡口の浜(弐)

e0004009_05574.jpg

★2011年7月14日撮影、伊良部島、GXR+VF-2+50mm
ライカ判換算50mm相当の画角で撮ると35mm相当の画角とは雰囲気が異なる。
両方とも雲が主役である事には変わりは無いが。

普段よりモノクロ化する光景が多い、かな?
by photo_artisan | 2011-07-28 00:00 | 宮古島2011

宮古島まもる君

e0004009_0123186.jpg

e0004009_0122010.jpg

e0004009_012746.jpg

★2011年7月15日撮影、宮古島、GXR+VF-2+50mm
宮古島の人気者、と言っても過言では無かろう。
でも、グッズが販売されたのは最近の事だと思ふ。
表情が凛々しいし状態も良いので、比較的最近設置されたのかな?
汚れてアップに耐えられない状態のモノもあるからね(汗)

1&2はF8、3はF7.1と絞り込んでいるが被写界深度が思ったよりも浅いかな?
by photo_artisan | 2011-07-27 00:00 | 宮古島2011

渡口の浜

e0004009_014526.jpg

★2011年7月14日撮影、伊良部島、LEICA X1、PCでモノクロ化
シュノーケリングが終った後、島の中を何箇所か案内して貰った。
そして、最後に向ったのが伊良部島の南西にある渡口の浜だ。
雲と空と砂浜のコントラストが見事で思わずX1を向けた。
こうしてみると、35mm相当の画角は50mm相当の画角よりも「眺める」傾向が強い。
あくまでも比較しての話だが。

拝借したX1を返却する日が来た。
X1のオーナーも私も「どんな宮古島や伊良部島が撮れるのだろうか?」と興味津々だった。
が、御覧の通りでカラーでもモノクロ化しても期待した以上のimageを見せてくれた。
「21万円の価格は伊達では無い!」と言っては失礼だろうか?(苦笑)

X1は返却するけど未公開のimageは沢山有るので、今後も気が向いたらアップする。
by photo_artisan | 2011-07-26 00:00 | 宮古島2011

e0004009_010867.jpg

★2011年7月13日撮影、伊良部島、GXR+VF-2+50mm、PCでモノクロ化
島を離れて十日余り経過。
宮古島や伊良部島の陽光に馴れた視神経に映る首都圏は晴れていても暗く色褪せている。
過去の経験では暫く続くんだよな・・・

見た目よりも爽やかなんだけど、陽射の強さは無慈悲と言っても過言では無い。
by photo_artisan | 2011-07-25 00:00 | 宮古島2011

海中散歩

e0004009_0104689.jpg

e0004009_0102426.jpg

e0004009_094751.jpg

★2011年7月14日撮影、伊良部島、GR DIGITAL III、1:1
撮る側としては「御覧の通り」で特に説明は無い。
が、それではblogの体を成していないよな(汗)

この場所は4回目だが大潮の時は初めて。
しかも引潮だったので今迄以上に珊瑚や魚に接近出来た。
接近し過ぎて、珊瑚に触らない様に気を使う程(汗)
以前にも書いたが「活きた珊瑚」は軟らかくて脆い。
一部の例外は有るが、硬くなるのは死んだ後の状態だ。

【トラックバック企画「涼」に参加】
by photo_artisan | 2011-07-24 00:00 | 宮古島2011

水平の目線

e0004009_0365.jpg

e0004009_025760.jpg

e0004009_023557.jpg

★下地島空港、D300+VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED、3枚目は2枚目をトリミング
以前から狙っていたアングルだが焦点距離が足らない事が判っていたので撮らなかった。
が、今回はライカ判換算600mm相当のレンズと云う強い味方があるので案内して貰った。
結果は・・・B767でギリギリかな?
B737だと縦位置で撮らないと余分な空間が目立ち過ぎる感じ。
B747ならば・・・完璧だと思ふ。

さて、2枚目をトリミングしたのが3枚目。
実はピントが甘く感じたので100%表示して気付いたが、予想以上に揺らいでいるだね、大気が。
by photo_artisan | 2011-07-23 00:00 | 宮古島2011

与那覇前浜

e0004009_015739.jpg

e0004009_014381.jpg

★2011年7月15日撮影、宮古島、LEICA X1、PCで微調整
借りた機材を持って海の中を歩く事に後ろめたい気持ちが無かったと云えば嘘になる。
が「ライカで撮りたい」と云う気持ちに従ってしまった。

全長2キロと云われる与那覇前浜の南端に観光客は来ない。
多分、比較的過し易い朝や夕方に地元の人が散策するのだと思う。
此の砂浜は2001年10月、ホテルにチェックインした後、初めて歩いた場所だ。
あの時の機材はライカM6とミニルクス、そしてコンタックスT3。
更にモノクロ専用機としてペンEE3を選び、散々悩んだ末に一眼レフは持って行かない事に決めた。
理由?
何しろ体重55キロの頃だから体力に自信が無かった事もあるが、遠くを眺めたかったからだと思う。
個人的な独断と偏見だが一眼レフのファインダーは「眺める」よりも「注視する」傾向が強い。
一方、レンジファインダーやコンパクトカメラのファインダーは「眺める」感覚に近い。
心身共に疲弊した10年前の自分には、目前の光景を注視するだけの気力は無かったのだと今にして思う。

今回、GXRとX1をメイン機材にした理由も、似た様な感じ、かな?
by photo_artisan | 2011-07-22 00:00 | 宮古島2011